気になるインプラントについて研究します

インプラント研究所

インプラントが折れた時の対処法

インプラントは、日本でも人気がある治療法です。
治療の成功率は非常に高く、自分の歯と同じように噛めるので、入れ歯の悩みからも解放されます。
適切な治療を行って、治療後のメンテナンスもしっかりと行えば、長く使い続けることが可能です。
しかし、使っているうちに、インプラントに問題が生じるケースもあります。
インプラントを支えている骨が痩せてしまい、歯茎の中に埋まっている歯根部分が露出することがあります。
歯垢が原因で炎症を起こしている場合、初期の段階で治療することができれば、早めの回復も可能です。
まれですが、インプラントが折れたという人もいます。
そのような場合は、すぐに歯科医に連絡をして、適切な治療を受けることが大事です。
人工歯も、天然歯と同じように欠けたり割れたりすることがあります。
衝撃などを受けていないのに、人工歯が欠けたり割れたりした場合は、かみ合わせに問題がある可能性があります。
すぐに診察を受けて、問題点を解決することが大事です。
歯茎に違和感がある場合は、人工歯を外して、きれいに洗って消毒します。
洗浄と消毒を行って締め直すことで、症状が落ち着くことがあります。
噛んだ時に痛む場合も、放置せずに医師に症状を診てもらった方が安心です。

インプラントクリーニングの仕方

昔と比べてインプラントの価格が下がっているので、最近は若い人でもインプラントを選択する人が増えています。
インプラントは、歯を失った部分に人工の歯根を埋め込んで、その上に義歯を被せて新しい歯を作る治療方法です。
入れ歯と違って見た目が自然で、食事の時も自分の歯と同じようによく噛めます。
治療後の定期的なメンテナンスも、非常に大事です。
メンテナンス次第で、寿命が変わってくるのです。
定期的なメンテナンスは、トラブルを早めに発見することができるというメリットもあります。
また、他の歯の健康維持にも役立ちます。
メンテナンスを怠ると、保証を受けられなくなるクリニックも少なくありません。
そうなると、何かトラブルが起こった時に、治療費がかかってしまいます。
メンテナンスには、患者自身が行うメンテナンスと、歯科クリニックが定期的に行うメンテナンスがあります。
セルフメンテナンスでは、丁寧に歯磨きをして歯を清潔に保ちます。
歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを併用して、磨き残しがないように磨きます。
歯科クリニックでは、インプラントの状態をチェックして、歯や歯茎の健康状態も確認します。
そして、患者が落とし切れていない汚れをクリーニングします。
場合によっては、上部構造を外してクリーニングすることもあります。

Favorite

不用品回収・出張買取・処分を行っています。

不用品回収 兵庫

少人数制でお一人お一人と丁寧に向き合います。

自由が丘のヨガスタジオ

圧倒的な学習量と質を兼ね備えた、万全の授業体制でサポートします。

医学部の予備校を東京で検索

施工前後の比較画像や豊富な実績と施工例もご紹介しています。

玄関ドアを交換する

創価学会の仏壇のお値段でお悩みでしたら、是非ご相談ください。

創価学会 仏壇

市川市の地域性に特化し続けたノウハウで最適な外壁塗装をご提案いたします

市川市 外壁塗装

軽井沢の別荘・土地・マンションなど、軽井沢の不動産情報満載。

軽井沢 不動産

最終更新日:2017/5/2


COPYRIGHT(C) 2016 インプラント研究所 ALL RIGHT RESERVED